グルコサミンサプリに配合される成分

グルコサミンサプリは、関節痛などに効果があるので、愛用している人は多いサプリメントのひとつになっていると思います。

そのために、いろいろな製品が販売されていると思いますが、その中には、より効果を高めるためにグルコサミンサプリの中に、グルコサミ以外の成分が配合されているものも多いようです。

よく使われているのは、グルコサミンと同様に軟骨を形成するために必要な成分であり、関節痛に高い効果があるとされるコンドロイチンやヒアルロン酸だと思いますが、それ以外の成分が配合されているものもいろいろとあるそうです。

そのひとつにMSMが一緒に配合しているものがあるそうです。

MSMというのは、メチルスルフォニルメタルの頭文字をとった略語だそうですが、天然に存在する硫黄化合物だそうで、34%が硫黄成分でできている真っ白な結晶だそうです。

MSMには、痛みや炎症を鎮める効果があるそうで、関節痛の痛みを緩和する効果も期待できるために、グルコサミンサプリに配合されているようです。

グルコサミンサプリに、グルコサミン以外に配合されている成分には、ビタミン類などもあるそうです。

ビタミンにはいろいろな効能がありますから、サプリメントの成分としてよく使われると思いますが、グルコサミンサプリにも配合されていることがあるそうです。

ビタミンB1には、筋肉の疲労をやわらげてくれる効果がありますし、ビタミンB12には、末梢神経を修復する効果が期待できます。

また、ビタミンEには血行不良を改善する効果があり、このような成分をグルコサミンサプリに配合しておくことで、グルコサミンがもたらしてくれる効果とは別の方面から、関節の痛みが緩和できるように工夫されているようです。

また、関節痛の改善とともに、骨を強化する効果があるように、骨の主要な材料となるカルシウムと、カルシウムの体内への吸収や骨への定着を促進するビタミンDを加えているようなものもあるそうです。

このように、グルコサミン以外のいろいろな成分を配合して、より効果が高まるように工夫されているものもあるようです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。