グルコサミンサプリにコンドロイチンなどが含まれている理由

関節痛に効果があるグルコサミンサプリには、グルコサミンが豊富に含まれているのはもちろんですが、グルコサミンと一緒にコンドロイチンなどを含んでいるものが多いようです。

コンドロイチンは、軟骨を構成するプロテオグリカンの中にも含まれていて、軟骨を形成する重要な物質になっているそうです。

コンドロイチンは、軟骨に潤滑性や弾力性を与えるのに重要な役割をしているそうですし、水分に運ぶ役割も果たしているそうです。

軟骨には血管が通っていないので、水分と一緒に栄養分を運ぶ役割も担っているそうですし、老廃物を排出する役割も担っているそうです。

ですから、グルコサミンと同じように軟骨の働きを活性化して関節痛を解消するためには、必要な物質になっているようです。

グルコサミンサプリは、関節痛に効果があるサプリメントですが、その効果を高めるために、グルコサミンだけでなくコンドロイチンも成分として含まれているものの方が、関節痛をやわらげてくれる効果がより、高くなることが期待できるようです。

グルコサミンサプリには、グルコサミンだけでなくコンドロイチンが含まれていることが多いそうですが、コンドロイチンと共に含まれていることが多い物質としては、ヒアルロン酸があるそうです。

ヒアルロン酸もコンドロイチンと同様に軟骨を構成するプロテオグリカンに含まれているそうで、軟骨の働きを活性化するのに重要な役割をしているようですから、グルコサミンサプリの中にコンドロイチンとヒアルロン酸が配合されているものが多く、そのような製品の方が、より効果的に関節痛に効果が発揮できるようです。

コンドロイチンとヒアルロン酸は、グルコサミンを原料として生成されるそうですですから、グルコサミンを豊富に摂取していれば、それを原料としてコンドロイチンとヒアルロン酸を生成することはできるそうですが、生成する力は年齢と共に衰えるそうです。

ですから、グルコサミンサプリの中にコンドロイチンとヒアルロン酸も成分として配合してしまった方が、関節痛を緩和するには効果的なようです。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。